大手のecサイトでは競争が激化する環境

標準

大手のecサイトでは倉庫の大型化も

日本の大手のecサイトでは、各社との競争が激しくなっています。そうした環境から、大手のecサイトでは倉庫を従来よりも大型の倉庫へ移転する動きが起こっています。大型倉庫では1フロアですべての商品を置くことが可能となり、注文を受けてから素早い商品のピックアップ作業が可能となってきます。その結果として、商品の当日発送といった短時間での発送ができ、他社との差別化を図る努力が行われています。利用者としても、すぐに必要なものが手に入るメリットが生まれています。

ショッピングモールの出店料を無料にするところも

大手のecサイトの中では、自社へのショッピングモールへの出店の手数料を無料化するところが出ています。通常はショッピングモールの加盟店に対しては、毎月の出店料を支払うことを求められます。しかし、大手のネット通販会社では出店料を無料にすることで、多くの加盟店を増やして品揃えを豊富する努力が行われています。その結果として、品揃えの多いショッピングモールの方が利用者が集まることになり、売上げも増えていくだろうという狙いがあります。

広告収入で利益を上げるecサイトも

自社のショッピングモールへの出店料を無料にしたサイトでは、急速に出店が増えている状況が生まれています。しかし、このecサイトでは加盟店からの手数料収入はない状況があります。ではどのように収益を上げているかというと、サイトからの広告収入によって収益を上げるビジネスモデルを構築しようとしています。広告収入によるビジネスモデルは中国のecサイトですでに成功をしていることから、日本でも同様のビジネスモデルを適用するようにしています。

外部サービスを利用してecサイト構築をする際には、オリジナルドメインが対応可能かを確認する必要があります。SEOの優位性に影響があるからです。