ネット誹謗中傷について考えよう

標準

パソコン時代に増えるネット誹謗中傷

現在、パソコンは一人に一台は所持していると言われています。スマートフォンやタブレットの普及により、インターネットはより身近なものとなりました。それに伴って増えているのが、インターネットによるトラブルです。SNSやオークション・フリーマーケットサイトなどに登録している方なら、覚えがあるのではないでしょうか。匿名で利用できる場では、誰もが標的になりうるものですから、ネット誹謗中傷対策を知っておきましょう。

人を傷つけずに楽しいネット生活を

インターネットでの発言は、もちろん誰でも自由です。しかし、特にSNSなどでは、全世界中の人が見ているということを忘れないようにしましょう。「自分の発言で誰かが傷つくかもしれない」と頭に入れておくだけで、人を傷つけるような発言をしないようになります。名指しで悪口を言われてしまったら、誰でも嫌な気持ちになるものです。快適に楽しくインターネット生活を送るためにも、まずは自分が気をつけるという気持ちを持ちましょう。

具体的なネット誹謗中傷対策とは

もしも、ネット誹謗中傷を受けてしまった場合、どのように対策すれば良いのでしょうか。まずは相手を確認して、SNSの運営会社やサイトの管理人などに連絡を取りましょう。詳細を聞かれることもありますので、それまでの経緯は必ず記録しておいて下さい。対策を取ってもらえなかった場合でも、相手側を中傷したりしてはいけません。自分がされて嫌なことは、相手も嫌なものだということを覚えておきましょう。どうしても解決できない場合は、専門家に相談してみて下さい。

サジェストというのは検索エンジンでの検索候補のことで、サジェスト対策とはその誹謗中傷などの削除などの対策のことです。