サーバーをレンタルしてできる主な事と利点、用語の説明

標準

サーバーをレンタルしてできること

サーバの一部や全てを借りるサービスのことをレンタルサーバやホスティング、ホスティングサービスなどと呼びます。サーバーをレンタルしてできることとして、ホームページやメールのアドレスがオリジナルのドメインを用いたものを使用できるということが挙げられます。ホスティングサービスを利用しなくともホームページやメールは使用できますが、こちらはインターネット接続プロバイダの用意したドメインとなってしまうので、オリジナルのドメインは利用できません。

サーバをレンタルする利点

ホームページ制作にも違いが出てきます。プロバイダのサーバスペースの場合、使用できる機能が少なかったり、容量に制限があるなど、自由にホームページ制作を行えないこともあります。しかし、ホスティングサービスを利用すれば、様々なホームページ機能などが用意されていたりと、それらを気にすることなく自由にホームページ制作が出来ます。

また、自社のサーバを維持管理するのは、専門的な知識やセキュリティ対策などの維持費が必要のため、ホスティングサービスを利用するほうが安定してサーバを運用できるという利点もあります。

サーバやドメインの説明

サーバ

コンピュータとコンピュータを繋げる役割をしており、ネットワークで接続しているコンピュータの要求に答えファイルやデータを提供するコンピュータです。止まることなく稼動しているため、耐久性や安定性が要求されます。

ドメイン

ドメインはホームページやメールのアドレスの一部分のことです。ホームページの場合、ピリオドで区切られた文字のjpや、comなどが、メールアドレスはアットマークより後の文字がそれにあたります。

ホームページを作成する際、無料作成サイトを利用するのも一つの手ですが、安全度を考えれば有料のレンタルサーバーを利用した方が、凍結などの恐れが無く、安心です。